妊婦さんはなぜ葉酸を摂取するのがお勧めなのでしょうか

妊婦さんがぜひ摂っておきたい栄養素の一つに、葉酸があります。

この葉酸というのはビタミンB群の一種で、3つの大きな特徴があります。

その一つが、赤血球を作り出すことです。妊娠中は貧血になりやすいので、これはとてもありがたいことです。

それから細胞ができるのを助けてくれるので、胎児の成長にもプラスになります。

また葉酸には、神経管閉鎖障害になりにくくする働きもあります。

この神経管閉鎖障害というのは、胎児の先天異常で、二分脊椎症と無脳症があります。

これらの障害を防ぐという意味でも、特に妊娠初期には葉酸を摂る必要があります。

それでは葉酸は、どのようにして摂るのがいいのでしょうか。

葉酸の多い食べ物や飲み物とは

まず葉酸は、食物から摂るという方法があります。

手軽に手に入る素材としては、ほうれん草や枝豆、ブロッコリー、イチゴやバナナがあります。

またかぼちゃやキウイに加え、エリンギやまいたけ、えのきだけのようなキノコ類にも含まれています。

また焼きのりや納豆、うになども葉酸が含まれていますし、グリーンアスパラも葉酸が豊富なので、これらの食材を何種類か使って料理をするといいでしょう。

それから豆乳や野菜ジュース、牛乳などの飲み物にも葉酸が多いので、積極的に採り入れるようにしましょう。

サプリも上手に活用しましょう

しかしつわりなどで食欲がないとか、葉酸を含む食材が冷蔵庫にないという場合には、サプリで葉酸を摂るのがお勧めです。

いわゆる合成葉酸と呼ばれるものです。

一方野菜などに含まれるものを天然葉酸と呼びます。

合成と天然では、天然の方が体によさそうな気がしますが、実は天然葉酸は合成に比べると吸収されにくいというデメリットもあります。

そのため天然葉酸を摂りながら、合成葉酸も併せて摂って行くという方法がお勧めです。

もちろんだからといって、合成葉酸を摂り過ぎるのもよくありません。

よくわからない時は、かかりつけの産科医に相談しましょう。

また葉酸は妊活期から妊娠中、そして授乳が終わるまでは、摂り続けるようにしてください。